途上国生まれの薄毛薬の信頼性を徹底解説

ジェネリック
フィナステリドでハゲ予防

発毛力がUP

国内でも処方される発毛成分のプロペシアやザガーロなどの💊製品は長期間使用する必要があります。
費用としては、1回あたりならば病院処方でも大した金額ではありませんが、長期間となると蓄積する費用の負担が大きくなります。
ですが、そんな日本の発毛成分の薬は海外製のに比べると高く、5倍~10数倍になる事もあります。
海外輸入なので、為替レートが大きく影響するようです。

特にフィンペシアやフィンカー、フィナロ、ベルトリドといったインド製の発毛剤は非常に人気が高くなっています。

でも…インドの発毛剤って信用できるの?

こう考える人は非常に多いことでしょう。だってインドってなんとなく怪しい雰囲気が漂っていますよね。(失礼)

現在フィンペシアなどのインド製発毛剤を使用しながらも、ぼんやりと不安を感じている方。インド製発毛剤の使用を検討しつつも、信頼性への懸念から購入に踏み切れない方に向け、インドの発毛剤の信頼性を検証してみます。


フィナステリドで薄毛カンスト

インドは大丈夫?口に入る医薬品だから信頼できる国産が安心?!

途上国生まれの薄毛薬の信頼性を徹底解説

インドはコンピュータ系には強いイメージを持たれている人が多いというイメージを持たれている人は、インド製でもそれほど拒否反応はないかもしれません。頭が良い民族として製造された医薬品も受け入れられるかと思います。
ですが、過去にインド旅行などに行ったことがある人などは衛生面に不安を持たれたりするのが普通でしょう。
インドはまだ国として貧しく「発展途上国の貧しい国」で上下水道も完備されていないので、食品などの口に入るモノの製造に関しては不衛生な水の使用への懸念があるかもしれません。

確かに昔のインドは貧しい国でしたし、現在も収入格差や貧富の差が大きい国であるのは間違いありません。しかし急速な発展を遂げている新興国でもあり、その進歩の早さはかつての中国と重なる部分が多いに存在します。

とはいってもそこはインド。GDP(国内総生産)的に見ると2021年現在世界5位と、イギリスやフランスといった先進国を上回る水準にいるものの、約13億人という人口を考えると決して豊かとはいえません。昔に比べればずいぶん良くはなっていますが。

そもそも日本人にとってみれば、世界2位の中国が製造するものですら信用できないというのが実情。発展途上国(新興国)が製造する物の「品質」に不安を抱いてしまうのは成熟した国家で生活する人間の性なのかもしれません。

ましてや発毛剤というのは直接体内に入れるものですし、副作用の懸念も存在するセンシティブな医薬品。

対中国と違いインドの印象やイメージは決して悪くないものの、いまだ貧しさを内包するインドが製造する医薬品…そりゃ「怪しいものは使いたくない」という考えに至るのも無理はないですよね。

インド製薬メーカーはジェネリック製造で鍛えられた

インド製薬メーカーの信頼性

いまいち信用できないインド製の発毛剤で、インドの製薬会社の名前なんて聞いたこともないという人が大半ではないでしょうか。
ですが、実はインドはジェネリック医薬品大国として知られています。
アメリカやヨーロッパなどの先進国をはじめ、途上国へも安価で高品質なジェネリックを多くの国々へ流通させています。

それを物語っているのが「世界のジェネリック医薬品製造メーカーランキング」です。
このデータは2016年版ですが概要を知るには十分かと思います。

世界の上位35社のうち「(インド)」の製薬会社が10社が入っているのが確認できます。

ちょっと以外なのは、日本のジェネリック医薬品メーカーとして名が知れている日医工や沢井製薬より、フィンペシアやデュプロストを製造販売しているシプラ社のほうが規模が大きいこと
日本のジェネリックってこんなものなのです。

アメリカやEU諸国などの先進国を含め、世界を相手にジェネリック医薬品を輸出しまくり、日本のジェネリック医薬品メーカーより高い実績を上げているインドの製薬会社に対し「信頼性がない」というのは既に時代遅れなのかもしれませんね。

最近は日本でもジェネリックメーカーは不祥事を出したりと色々と問題がありましたからね。
人件費などのコストが低い国は世界的な競争力が高くなり、いろいろと余裕があるのかもしれませんね。

株式上場もしているインド薄毛薬の通販できるメーカー

前述したランキングは世界のジェネリック医薬品メーカーランキングとあって、インドに焦点を絞るとちょっと分かりづらいですよね。

ということで、インドの製薬会社のみを抜き出してみました。

この中でフィナステリドやデュタステリドといった薄毛薬を積極的に製造しているのが「シプラ社」と「インタス社」の2つ。通販でも入手が出来る事で世界的にも人気がある製品です。

具体的にどんな発毛剤を作っているかというと…

シプラ社

世界的にもAGAジェネリック薬というとシプラ社製のフィンペシアが知名度が高いのではないでしょうか。
プロペシアが日本で承認されたのは2005年のことではありますが、実はフィンペシアは個人輸入においては輸入が出来ておりました。しかも、ジェネリック価格としてです。詳細は各国の製薬特許に関する取り扱いの違いがあるので、少なくともインド国内においては許されている薄毛薬が少なくとも20年近く利用され続けている事が分かります。

フィナステリド1mgのフィンペシアに対し、5倍の含有量となるフィナステリド5mgの「フィンカー」も人気があります。このフィンカーもシプラ社製ですが4分割して使用することでフィンペシアを圧倒するコストパフォーマンスを実現するから。

製品参考:シプラ社のフィンカー5㎎

関連記事:フィンペシアとフィナロは、どちらが良い?

また、フィンペシアがかつて使用していたコーティング「キノリンイエロー」の発がん性が取りざたされた際に代替薬として注目を集めた「エフペシア」など複数のフィナステリド内服薬を用意しているのがシプラ社。今では同製品も 「キノリンイエロー」 は使われなくなっています。

シプラ社の発毛剤はフィナステリドにだけでなく、ザガーロジェネリック(デュタステリド内服薬)のジェネリックの「デュプロスト」なども製造・販売しています。

参考商品:ディプロスト(デュタステリド剤)

会社の規模を見てもインド国内上位に位置し、アメリカやヨーロッパ、アジアなど約150カ国にジェネリック医薬品を流通させている大手製薬会社。

確かにインド製の中には医療メーカーとは呼べないような小規模で自社のホームページももたないようなメーカーもありますが、少なくともシプラ社は株式も上場しおり、製品の問題で医療事故などが起きれば株主訴訟など大きな問題にもあるので安心できるはずです。

インタス社

インタス社は2000年設立であり比較的若い医療メーカーになりますが、それでもインド製薬のランキングをみても8位と急成長しているのが見て取れます。シプラ社に比べれば規模が小さいインタス社ではありますが、それでも日本の東和薬品より売上は大きく、日本トップの日医工や2位の沢井製薬と比べても遜色ない大手製薬会社。

インドの人口は2022年時点で既に中国とほぼ同数となっており、間もなく世界一位の人口になるでしょう。インド国内需要だけでも大きな経済であり更なる成長が期待がされています。

現在では日本円は強いので安価インド製かもしれませんが経済規模としても、追い越されるも時間の問題です。

それでも今現在では対インド通貨にたいして円高である事からも高いコスパで購入できるAGA薬がたくさんあります。インタス社製の「フィナロ」はフィンペシアとほぼ同じ価格帯ですのが、購入時期により価格が異なりますので安く購入するには常に価格をチェックして安価な時にまとめ買いをお勧めです。

インタス社はミノキシジル製剤の「ロニタブ」でも知られ、また、発毛剤以外にも、抗うつ薬や抗不安薬、糖尿病治療薬、降圧剤など様々な医薬品を個人輸入代行業者を通じて購入することができるとあって、個人輸入を利用する人にとっては馴染み深いインドの製薬メーカーといえるでしょう。

参考商品:ミノキシジル製剤(ロニタブ)

インド製の薄毛薬はなぜそんなに安い?

インド製の薄毛薬はなぜそんなに安い?

インド人というとカレーやIT技術者というイメージではないでしょうか。
ただ、人によっては「ちょっと怪しい」というイメージがお持ちの人もいるのがインドの薄毛薬。
それはインドが、まだ発展途上国から品質や衛生面などが心配からではというのは上記の通りでしょう。

しかし、品質への心配、懸念が払しょくできないのは「安すぎる価格」が影響していると思います。
これまでも私たちは中国式で商品で 「安かろう悪かろう」でお金をドブに捨てていました。

直ぐに壊れました、商品説明のように機能しなかったというのは医薬品では許容されないのかと思います。

安い理由は期待した効果、効能だけでなく、変な成分が紛れ込んでたりと健康被害が気になるでしょうね。そのような低品質が安さの秘訣だったら困りますね。

なぜ、インドのジェネリック医薬品はこれほど安いのでしょうか?
日本にもジェネリック医薬品は多数はありますが、先発薬との価格差は2,3割程度でインドジェネリックでは1割以下の価格で入手ができるなど、安すぎますね。

特許などの知的権利よりも命を尊重したインド

少し前のインドは製薬特許を無視して特殊な特許の解釈を行っておりました。成分自体の特許である「物質特許」の保護を認めない特許法を採用していました。ですが、薬の製法に関する「製法特許」については認めるという法制度となっていました。

途上国の貧しい国家において製薬特許を遵守していれば、海外の特許保護された医薬品は購入できない。これにより助かる命も助からないという事もあります。

ですので、他社の薬の製法の特許さえ侵害しなければ、どんな新薬の成分でも真似て製造してよいとされていました。これが世界的に物質特許が認められた最新の高価な成分であってもです。

国や法律自体が物質特許を認めていなかったわけですから、海外では特許法に抵触する医薬品の製造も、インド国内では合法だったわけです。そうやって生まれたのが格安のジェネリック医薬品です。

自由な医薬市場によりジェネリックメーカーが飛躍した!

そうはいってもインドは途上国ではなく、 新興国です。日本や米国ほどの機銃ではないですが急速な発展を遂げている国が新興国です。このように途上国時代ならば許された特許を無視した医薬品の製造がいつまでもまかり通るはずがありませ。そのためインドは2005年に物質特許を認める法改正を行っています。

一見、世界的な基準に合わせていったようにも見えましたが、実は「それは」限定的でした。
すでに広く普及している物質や、その物質を用いた別の用途などについては特許として認めない条項が盛り込まれました。そう、これまで存在しなかった全く新しい成分以外は特許として認めないと。

つまり、これまで国際的な特許を無視して勝手に製造してきた医薬品や成分についても今でも実質、合法的に継続されています。

AGA薬のプロペシアが2005年に承認された当時でも、その製薬特許は保護の対象ではありましたが、インドでは自由に製造販売され続けていました。
このような自由な状態がジェネリック・メーカーが製造技術を飛躍させる土壌となりました。

人道的背景も

ですが、各国の法律でもあるので内政干渉するな!というのがインド国の主張ではありますが、先発薬メーカーからすれば膨大な研究開発費、期間を投入して薬が製造され安価にばらまかれてはたまったものではありません。

実際にスイスの製薬会社がインド特許局を訴えた例もあります。「うちが開発した抗がん剤を勝手にコピーするな。特許として認めろ」とです。まあ当然の主張ですよね。しかし結果は敗訴。

その後もインドの製薬会社や、インド製の安価なジェネリック医薬品を積極的に使用している貧しい国を相手取った裁判が散発するも、基本的に諸外国の大手製薬会社はインドを相手取った裁判に及び腰です。
これは先ほども触れたようにインドの政策としては人権重視で、高価な医薬品で生きる権利が奪われる事はあってはなりません。
そして同時にインドのジェネリックは更に貧しアフリカなど途上国、貧困国にはインドジェネリックに頼らざるを得ません。もし、他の先進国でインドのジェネリックに圧力を加えれば、これらの貧しい国の人たちに「死ね」といっているようなモノです。

また、貧しい国を支援する国際NGOなどはインドを支持しており、インドの特許局や製薬会社を訴えるということは、貧しい国々の人の命を切り捨てるというイメージを世界にばらまくことにもなりかねない。

そのため、諸外国の大手製薬会社は泣き寝入りの様相を呈しています。だからインドが発展を遂げつつある現在においても格安の発毛剤は存在することができる。

そういった背景により極めて安価に提供されているインド製のジェネリック医薬品。
このフィンペシアにしても成分としては単なる「ハゲ」の治療薬ではなく、「前立腺肥大症」の治療薬でもあるので、命に全く関係がないとも言い切れないので先発薬メーカーも文句が言いにくくなっている事情もあります。

海外製発毛剤はAGAクリニックも使用

海外製発毛剤はAGAクリニックも使用

フィンペシアやフィナロ、フィンカーといった極めて安価な発毛剤を製造販売しているのは、日本市場向けではないので販売許可申請はされていません。そのため入手には海外通販での入手が必要となります。

そして、インド製薄毛薬や安価な理由が分かったことでも安心して利用できるかと思います。
さらにインドの薄毛薬を安心できる要素としては日本のAGAクリニックでもインドやタイなどの薄毛薬を処方しているところもあります。
ですが、実際、海外薄毛薬を国内で処方するには手続きが面倒な事もあり、それが価格に反映される事もあり、病院処方の海外ジェネリックと国内のとそれほど価格差が無いのが実情です。

それに反して海外薄毛薬を非推奨としてるAGAクリニックは海外薄毛薬の登場で売り上げが激減となっているので、一般的に彼らは口を揃えて「海外ジェネリック」は信用できない、危険だと言われるはずです。例えばフィンペシアが大手製薬メーカーのシプラ社製だと知ってか知らずか、彼らとしては安価な海外ジェネリックは排除したいはずです。

なんにしても一部のAGAクリニックでは患者に寄り添って対応してくれる医師も存在する事もあり、一概には言えませんが、数なくとも彼らも商売で病院経営をしているので10倍前後の費用差があれば別なメリットを提供する必要があります。

海外製には偽物による健康被害はないのか?

上記でも触れましたように医師としては海外ジェネリックの登場は営業に大きな影響があります。
特に保険適用が出来ない薄毛や勃起不全、美容系などのお薬では「高額医療 対 安価なジェネリック」の図式が出来上がります。
ですので、病院の広告宣伝では「偽物」として患者を脅かす手法で通院治療に促します。
通販サイトも安価ではありますが「国際郵便の送料」や「輸出手続き」等の費用を書ければ利益は微々たるものですので薄利多売となっています。
もし、偽物を扱い信用を失えば、医薬品通販サイトとしては未来はないはずですので、そんなに心配する事はないはずです。

それよりも、国内で処方されている先発薬の高価な医薬品の偽物も危険とも言われています。
ジェネリックというと価格競争で国内のジェネリックにも要求が高いために、正しくないコストを抑える製造方法などで薬事法違反となるメーカーも少なくありません。

一概に海外だから危険といのではなく、信頼が出来るメーカーなのかでの判断が必要なはずです。
インドでもフィンペシアのシプラ社ならば良いですが、他社の激安ですが無名メーカー製というのもありますが、それらは品質の面で劣っているかもしれません。

病院行けば海外薬品は危険と偽物だから危ないと諭されるかもしれませんが、少なくともフィンペシア等の大手メーカー製の偽物はニュースとして聞いたことはありません。

先発薬の偽物は以前は確かにありました

先発薬の偽物は以前は確かにありました

確かに以前は先発薬の偽物が流通していた時代もあったようです。これは、フィンペシアと先発薬のプロペシアは同じ成分ですので、実質、製造にかかる材料費はほぼ同じです。
しかし、販売できる価格がフィンペシアが千円前後でプロペシアが1万円であれば、利益率が高いのでプロペシアの偽物を作りたくなりますね。

また、逆に言えば正規メーカーが大量生産してコスト削減して安価に販売しているフィンペシアなどのジェネリック品の偽物を製造販売しても、正規メーカーと価格競争も厳しいのでしょう。
ですから、偽物販売業者としてもリスクを負って偽物の製造販売は少なくともジェネリック品では成立しにくくなっています。

仮に偽物の発毛剤が存在するとすれば、フィンペシアなどの安価なジェネリック医薬品ではなく、個人輸入を用いても比較的高価なプロペシアあたりでしょうか。実際プロペシアを製造販売するMSD社が注意喚起を行っています。

実際プロペシアを製造販売するMSD社が注意喚起を行っています。

過去にも2016年に大手製薬メーカー4社が偽物を個人輸入で購入したED治療薬を鑑定するという調査がありました。バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬を製造販売する製薬会社が個人輸入で出回っているこれらの薬の真贋を調べたところ、約4割が偽造品だったという結果がありました。
これら「バイアグラ、レビトラ、シアリス」は先発薬ですので偽物の製造は「儲かる」の図式が出来るはずです。*例えばバイアグラのジェネリックのカマグラゴールドは1錠100円ですが、バイアグラは今現在でも1錠2,000円前後の価格差があります。

作っても儲からないフィンペシア等のジェネリックは安心だと思います。

近年の偽物は健康食品やサプリメントが多し

このように儲からないジェネリックが出回れる事がないのですが、これに反して本来は効果が無い、小さいサプリや健康食品が税関でストップがかけられています。

これは、サプリメントや健康食品に医薬成分を混入させ確実に効果が有るようにしているのです。
「ある」サプリメントにフィンペシアと同じ成分のフィナステリドを混入させれば薄毛対策サプリがAmazonや楽天で高額販売が出来ます。
しかも、医薬成分入りですので効果が保証されているのですから、口コミ評価が高くなるはずです。

ただ、もちろん違法性があるので「成分表記」には成分名はふくまれていないので、これら成分が禁忌とされていたり、更なる効果が欲しいと一度にたくさんの量を服用したりと健康被害などが考えられます。

厚労省情報:健康被害情報・無承認無許可医薬品情報

このように海外の偽物については付加価値が高いモノになります。
医薬品に関しては明らかに検査対象にとなるので、偽物や模造品は国内に入り込みにくいのですが、サプリや健康食品などは成分検査までしなければ分からない事もあり、なかなか発見されない状況であるようです。

だから、海外薬品が100%安全という事は無いですが、三越屋、オオサカ堂などの信頼できる通販サイトを利用する事をおススメします。

重要なのは販売店と製造メーカーになる

安心して使えるインド製発毛剤は?

やはりそれでも不信感がぬぐい切れないインド製のジェネリック発毛剤。とはいえ日本の発毛剤は高すぎるため、可能であればインドなどの発毛剤を使いたい…と感じている人は多いことでしょう。

では、少しでも信頼性が高いインド製発毛剤はどれなのか?

結論から書けば、多くの国々にジェネリック医薬品を流通させているシプラ社やインタスなど大手で株式上場する株主の監視下になるメーカーの薄毛薬はすべて信頼に足るといえます。

また、一昔前ならば怪しい通販業者もありましたが、近年でいえば怪しい、詐欺サイトは既に営業できない状態になっています。

これは、YahooやGoogleで検索をして見つかるサイトならば基本的に問題が無いという事です。
これらの検索サイトは詐欺や違法なサイトは検索情報では表示されなくなっていますので、安心してご利用いただけるかと思います。

例えば、個人輸入の三越屋を検索してみるて対象のサイト情報が表示されれば安心してお買い物ができるはずです。

参考:Googleでの個人輸入代行の三越屋を検索
参考:Yahooでの個人輸入代行の三越屋を検索

*検索をすると上部には「広告」が表示されるので注意!
これらの検索されるのは、ある程度、長いく営業している実績が無ければGoogleやYahooで検索されません。

また、注意をしたいのはメールからの情報です。これらはスパム広告メールでありもしかしたら怪しいサイトの情報かもしれません。

インド・ジェネリックが安心安全

ネットを見ていると不安を煽るような記事や声も多いインド製の薄毛薬。しかしそれら記事の中身を見てみると、何の根拠もないまま他の記事や報道を鵜呑みにして感情的に「怖い」と書いているものが非常に多くなっています。

また、薄毛発毛サイトであれば「薄毛薬を売りたい」、AGAクリニックであれば「利幅が大きい日本の発毛剤を売りたい」という思惑も透けて見えます。

日本の高価な育毛剤や発毛剤を売りたい立場の人間にとって、効果的かつ安価なインド製発毛剤の存在は目の上のたんこぶですからね。

何度も書くようですが、インド製発毛剤のほとんどはアメリカやヨーロッパといった先進国を含む多くの国々にジェネリック医薬品を流通させている大手製薬会社製であって、品質に問題があると考える方が不自然。

そう、少なくともインドの大手ジェネリック医薬品メーカーが製造している発毛剤に関して「危険」「怖い」は完全なる間違いなのです。

また、個人輸入で偽物が発覚したのは、バイアグラやレビトラ、シアリスなど極めて高価な先発のED治療薬の話であって、安価なインド製ジェネリック発毛剤の偽物が見つかったという話は聞いたことがありません。

もし個人輸入で購入するインド製発毛剤に「危険」が入り込むとするのであれば、それは間に入っている個人輸入代行業者の問題です。でもそれって私たちがよく利用する通信販売も同様ですよね。

フィンペシアやフィナロなどに代表されるインドのジェネリック発毛剤に問題や危険が入り込む余地はなく、個人輸入業者さえしっかりと選定すれば怖いことなど何もない。

フィナロの詳細

フィンペシアの詳細

 

タイトルとURLをコピーしました