亜鉛が抜け毛を促進させ、薄毛にはフィンペシアが有効な理由!

亜鉛が抜け毛を増やす

フィンペシアが抜け毛に有効なのはご存知かと思います。

フィンペシアの成分(フィナステリド)は米国FDAで抜け毛治療に効果があるとして認可された医薬品です。
抜毛の原因は既に解明されており原因酵素「DHT」が抜け毛を促進させ、フィンペシア(フィナステリド)はその治療を目的にしたお薬なのです。

初めは、1992年に米国で前立腺肥大の治療薬として別の商品名で認可。その後、さらなる研究によって、男性型脱毛症において毛髪の成長が明らかになり、1997年12月22日、米国FDAは薄毛治療薬としてフィンペシアの成分(フィナステリド)を認可した。

フィンペシアが抜け毛の原因に有用な理由とは?

フィンペシア成分のフィナステリドは1992年に米国FDAに認可され現在に至ります。

2006年時点では世界60カ国で薄毛治療薬として承認されており、フィンペシアは世界各国で薄毛治療の特効薬として利用されています。

フィンペシアが抜け毛治療に効果な原理

抜け毛を促進させる原因物質は「DHT(ジヒドロテストステロン)」があります。

変換さる事により薄毛原因物質「DHT」が作り出されます。
  • 人体に存在する酵素の一種「2型5α-リダクターゼ」と男性ホルモンの一種:「テストステロン」が結びついて薄毛の原因の「DHT」が作り出されます。

このように抜け毛を発生される酵素「DHT」を作らなくさせるのが「フィンペシア」です。

亜鉛は実は抜け毛を促進させる事実。(実験結果より)

亜鉛が薄毛を促進している事実( 実験結果より)

亜鉛を飲むと精子が多く(精力増強)、体の抵抗力が強くなるなど生理作用に良い影響を与える等、一度はサプリなどを口にし事があるのではないでしょうか。
身体に良い「亜鉛」は頭髪にも良い影響が与えそうな気もして積極的に亜鉛が含まれる食材も摂取してませんか。

亜鉛を多量摂取で発毛や育毛につながる医学根拠はありません。
小さなな事象を過大評価、ロジックのすり替え広告が多く目につくようになりました。
考えなしに安価で購入できる体に良いと思われるサプリや健康食品の摂取は良く考えた方が良いかもしれません。
日常の食物からの摂取ならば問題ないですが、サプリなどから大量に取得すると実は体に悪影響という事もありえます。

亜鉛が薄毛を促進している事実( 実験結果より)

亜鉛摂取でDHT増加
亜鉛を摂取する事で薄毛の要因が増大した。

以下の実験では、亜鉛の摂取での2つの結果を報告しています。
①不妊男性の妊娠率がupした。
②抜け毛の原因物質のテストステロンとDHT値が上昇した。
  *つまり抜け毛の原因となる「DHT」が増えたのです。

<参考データ>
テストステロン、DHT及び精子数に対する亜鉛療法の効果について。
*5年以上の期間で特発性不妊症患者37人を対象に研究。

・1番目のグループ(T <4.8 ng / ml; 22人の患者):
亜鉛の経口投与後に、精子数とテストステロンとDHTが著しく上昇しました。
結果、9人の妻が妊娠(2人目は3ヶ月以内に6人、2ヶ月以内に3人)した。

・2番目のグループ(T> 4.8 ng / ml、15人の患者):
亜鉛の経口投与後に、精子数とテストステロンは影響を受けませんでした。
しかしながら、DHTは大幅に増加しました。

EFFECT OF ZINC ADMINISTRATION ON PLASMA TESTOSTERONE, DIHYDROTESTOSTERONE, AND SPERM COUNT
URL: https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.3109/01485018109009378

1番目の「不妊男性の妊娠率Up」はよく言われる精子量増加です。
2番目に薄毛の原因物質(DHT)のみが増えているのが分かるかと思います。

つまり、フィンペシアが抜け抑制するための原因物質として挙げている、
「DHTとテストステロン(男性ホルモン一種)」が亜鉛の摂取で逆に増えている実験結果です。

カップラーメンやレトルト食品などのインスタント食品、ポテトチップスなどのスナック菓子が普及し、一部の偏った食生活をする人の亜鉛不足と、そして、生理機能が退化し抜け毛の発生は至極当然のことです。
そして、亜鉛をとると髪の毛が生えるなどと不確かな情報が作られてないでしょうか。
全体的な栄養不足(亜鉛も含む)⇒「髪の脱毛」⇒「薄毛」という流れから、特定の商材の情報操作が入ってのでしょう。
*毎日、偏食していれば全体的な栄養不足で抜け毛となるのは分かるかと思います。

重要な点は、「亜鉛」の摂取で逆に髪の脱毛が促進される研究結果が存在する事です。

このように、特定の商品を売るために情報が操作、歪曲されている事が多々ある事があります。
薄毛対策に熱心でフィンペシアで抜け毛防止。
そして、何かのサプリとフィンペシアを併用している人には驚きかと思います。
私自身もフィンペシアについて調べている中で、今まで定期的に摂取していたサプリが実は薄毛には有害だったと知って驚きました。

亜鉛が発毛へ有効だという広告宣伝のウソ?

厚生労働省「食品摂取基準」摂取推奨量は10㎎/日通常食事でまかなえる量です。

多くの健康食品(亜鉛)は不安を煽った広告宣伝。

亜鉛がどうして薄毛に効果があるのかのウソは歪曲したのロジック。
フィンペシアのような薄毛治療薬よりも自然な?鉱物サプリがナチュラルで体にやさしい?

亜鉛の食事からの摂取の難しさの強調
必要な食事が1日に牡蠣(カキ)5個、豚レバー300g、納豆6パック等と食事での摂取での難しさを上げている。
注意をして頂きたいのは普通に3食の食事をしていれば摂取が可能な量です。
毎回、レトルト食品や菜食主義の方には注意は必要ですが。

健康サプリ販売業者の根拠データのでっち上げ

厚生労働省の「食品摂取基準(2015年版)」では1日の摂取の推奨量は18~69歳の男性で10㎎」と報告されています。

ですが、多くの広告サイトは「この値より多くの数値」を上げている。
実は亜鉛の摂取量10mgは普通に食事をしている人たちならば不足する事はありません

確かに偏った食生活であれば亜鉛が不足し薄毛の前に別な病気になるかもしれません。
まずは薄毛治療はバランスの良い食事とフィンペシアで抜け毛を防止してください。

フィンペシアは医学根拠データの元で抜け毛が防止できる。

フィンペシアの効果は抜け毛防止です。
多く分泌される事で生成される「DHT」を抑制します。
フィンペシアの臨床試験の結果では、多少の発毛効果もありますが、重要なのは毛髪が抜けない事です。
髪の毛には髪のライフサイクルを正常にする事です。
詳細は「髪の毛のライフサイクル」を参照ください。

フィンペシアの効果は、髪の短命な 異常状態を、正常な寿命期間に「戻す」働きがあります。
もし、「発毛・育毛」も同時に行いたい場合はミノキシジル(医学効果あり)もご利用いただくと早い効果が期待できます。

健康食品やサプリは効果を過大、歪曲された情報ばかりで、確かな医学根拠の裏付けはありません。
あれば医薬品として製造・販売されるからです。
フィンペシアのような認可された薬効成分ならば安全性も担保されていますね。

健康サプリメントだから根拠のない効果で良い?!

誇大広告には注意

TV番組のダイエット特集で○○が良いといえば、翌日のスーパーではその食品が欠品となる。
数名の被験者を利用して効果があった面のみを抜き出し番組を面白くしている。
メディアの情報では効果がなく、いつの間にか止めていた「XXX対策、摂取」をしていませんか?

フィンペシアのような医薬品は「臨床試験」を経て、多くの人のが実際に使用して効果や安全性が確認された根拠の元に政府関連機関の許可を得て製造・販売が出来ます。
「臨床試験」は初めは動物への投与試験、次に人への試験を経て長い期間と費用をかけています。
中には期待した効果が無いとか、副作用が危険であるなどと製品に至らなく研究開発費が無駄になるものもあります。

同時にプラシーボ効果にも対応してた試験をも行っています。
*プラシーボ効果:何の効果もないモノを「薬と称して」与えると体に何らか催眠術のように精神的に何らかの変調を与える作用。

本当に「効果、効能」がデータ(根拠)の元で効果が証明される「フィンペシア(医薬品)」です。

広告のキャッチコピーには注意をして欲しいです。

広告のキャッチコピーには注意をして欲しいです。

「医薬品」は効果・効能を説明できますが、サプリや健康食品は「広告表現」には制限があります。
例えば、

「痩せる」とは言っていない。

・「脂肪の吸収を抑える」 

体脂肪にどんな影響があるとは直接言っていない。

・「体脂肪が気になる方へ」
  *フィンペシアのようなジェネリックで「脂肪排出」する医薬品も通販購入可能です。

髪の毛が生えるとは言っていない。

・「髪の毛にツヤをあたえる」

「商品」と「効果」の関係性に根拠がない。

・「XXの愛用者は300万人」

比較的に多い事で、どのような効果があるのか根拠データを示していない。

・「ある」栄養成分同士の比較
  それがどのような効果があるのか不明確なままの比較の結果。
 こちらの「成分」の方が多い=つまり、効果があるというような論理です。

重要なのはフィンペシアを飲んでみたら人体に「どのような」効果があったか示した根拠データ提示ですね。
何か情報を見たときは「その根拠は?」と見てみると良いでしょう。
フィンペシアのような抜け毛治療に「効果」がある薬は健康食品や補助食品ではなく「医薬品」として認可の元で販売されています。

まとめ

・フィンペシアは薄毛治療へ根拠がある医薬品です。
医薬品は試験管内の結果だけでなく、実際に効果の有無のを人への臨床試験をしています。
健康食品、サプリ等でも摂取の仕方である面では有害となる可能性があります。
  *砂糖や醤油を大量に毎日摂取すると、どのような結果となるか想像がつくかと思います。

タイトルとURLをコピーしました